浅草

田舎から出てきて約25年、初めてリアル雷門を見ました。
これまでに浅草には何度も行ってますが(主に通過地点)、
雷門には行ったことがありませんでした(観光に興味が薄い)。

ま、たまたまなんですけどね。
お店のオープンに顔を出すため駐車場にクルマを停め、
その前に飯でも食おうということになり近所を散策。
すると東京スカイツリーが! おお、近い!
e0166970_0131479.jpg

さらに大きな神社を発見・・・ま、まさかアレは・・・カミナリモ〜ン!!!
もちろん観光気分で記念撮影。
e0166970_0132974.jpg

仲見世通り〜!!! ザッツ東京 or ジャパ〜ンなお土産屋さんがいっぱいでした。
せっかくなので雷門の近所で遅い昼食。
地元ならではの定食屋に入ると、予想通りの昭和全快!
テーブル、灰皿、湯のみ・・・全て時間が止まっています(ちなみにテレビでは相撲中継)。
e0166970_23431645.jpg

僕はさんま定食(600円)を食べました。味は予想通り・・・
e0166970_23441778.jpg

そして本番のRolling Dub Trioのショップ、 "The Boots Shop"のオープニングパーティーへ。
Made in Japanのハイクオリティなブーツがいっぱい。
特にエンジニアブーツに目がない及川は仕事を忘れて大興奮!
グリーンのエンジニアブーツ。オッシャレ〜!
e0166970_0134437.jpg

ショート・エンジニアブーツは嫌いだったけど、この日から好きになりました。
e0166970_2353955.jpg

スウェード、特に奥のブラウンが気に入りました。ヤバイっす!
e0166970_23535595.jpg

目立つ場所に飾っていただきやした(注:勝手に置いたわけじゃありません)。
e0166970_2354367.jpg

どうでもいい話ですが、僕にとって長年、浅草といえばリザードの「浅草六区」という曲です。
'70年代後半の世界的なパンクムーブメントで日本を代表するバンドといえばリザード
厳密に言えば関東(東京ロッカーズ)の中心だったのがリザードで、
関西では町田町蔵のINUが関西ノーウェーブの中心として活動してました。
さらにどうでもいい話ですが、町田町蔵は「リザードが嫌いだ」とライブで公言しています。
もっとどうでもいい話ですが、町田町蔵は後に町田康の名で芥川賞を受賞します。
話が大きく脱線しましたが、僕にとって浅草といえばリザードの「浅草六区」なわけです。

[PR]
by flywheels-oikawa | 2012-11-26 00:14
<< 頭の中がグチャグチャっす 工具が欲しい! >>